> japanese     english

【2019年11月 写真展示のお知らせ】

setouchi001

view001 view004 view004 view001 view001 view001

© Hidefumi Koike 2019

小池英文写真展「瀬戸内家族」

展示期間 2019年11月22日(金)~12月8日(日)
時間 13:00-20:00(水曜日定休)
場所 photo gallery Sai
553-0002 大阪市福島区鷺洲2-7-19
http://photo-sai.com/access.html
入場料 500円(高校生以下無料)


【写真展内容】
瀬戸内海に浮かぶ小さな島で妻は生まれ育ちました。
正月と夏休みには東京を離れ、彼女の島の実家で過ごす。
結婚して以来、それがわたしたち家族の毎年の決まりごとになりました。

そこで目を見開かされたのが、東京とは違うもうひとつの時間が島に流れていることです。季節のめぐりに寄り添った暮らし。親から子へ、子から孫へと受け継がれてゆく心と知恵。島という場所には人間の生活様式や行動形態が純粋に温存されていることが多いものですが、それが郷愁を超えて、未来を照らすひとつのパラダイムを担うのではないか。そんな問いに衝き動かされ、撮影を続けてきたのがこの「瀬戸内家族」です。

家族をモチーフに据えたのは、季節と同じようにそこに循環する時間が流れているように思われたからです。また大人以上に、自然や季節のなかに無心で心を開いてゆけるのは子供たちです。東京で生まれ育った子供たちが瀬戸内という風土とどのように交わってゆくのか。その姿を通して、人間にとって幸せとは何かをもう一度問い直してゆければと思います。

なお、本展示は2017年1月に惜しまれつつ閉館した「新宿コニカミノルタプラザ」の最終展示として催された作品になります。開催期間中には約2万人の来場者を集めた写真展「瀬戸内家族」。関西方面では今回がはじめての開催です。

 

《関連イベント》

《その1/トークイベント「風土が育むものー通態としての文化」》- 終了しました。-

インドの放浪をその経歴にもつ小池がなぜ瀬戸内の島へと視線のベクトルを移動させたのか、それぞれの場所とそこに暮らす人を俯瞰してみるためには「風土」というキーワードが有効だと思う。私たちの世界の成り立ちは、外の世界を通り過ぎて濾過した時間でしか理解することはできないのか。

日 時:11月22日 19時〜

参加費:1,000円(入場料+ワンドリンク+軽食付き)

出 演:小池英文(写真家)X 赤阪友昭(ギャラリー主宰)

申込方法:akasaka.tomoaki(a)gmail.com まで

※ (a)は「@」に書き換えてください。メールのタイトルに「トークイベントその1参加希望」と記載の上、① お名前、② 連絡先(メール及び携帯電話番号)をお送りください。


《その2/小池英文写真館「家族の肖像」》

写真展の会期中、写真家・小池英文が移動写真館をフォトギャラリー・サイの会場に開設します!みなさんもご自分のご家族の肖像を撮影してみませんか?もちろんお一人の肖像写真でもお受けいたします。どうぞ気軽にご応募ください。

日 時: 12月7日(土)&8日(日)10:00~12:00(一日3組限定)

撮影料: 5,500円(スタジオ撮影+写真一枚/インクジェットプリント・A4サイズ/税込み)

申込方法:akasaka.tomoaki(a)gmail.com まで

※ (a)は「@」に書き換えてください。メールの件名に「写真館希望」と記入し、1)氏名、2)連絡先/携帯電話及びメールアドレス、3)撮影を希望される時間を明記の上ご予約ください。


《その3/スペシャルトーク「風土と人」小池英文 X 佐伯剛(「風の旅人」編集長 ) 》

「生命力とは、個体の中にある力ではなく、森羅万象の有機的な関わり合いの中で引き出される力である。」という考え方に基づき発行される雑誌「風の旅人」の編集長・佐伯剛氏との対談です。写真と言葉の力を通じて現在から未来へ手渡すべき大切なものを思索する佐伯氏と、その「風の旅人」に写真と文章を寄稿してきた小池氏が「風土」そして「人」について語ります。

日 時: 12月3日(火)19:00~21:00

参加費: 1,500円(入場料+ワンドリンク+軽食付き)

申込方法:akasaka.tomoaki(a)gmail.com まで

※ (a)は「@」に書き換えてください。メールのタイトルに「トークイベントその3参加希望」と記載の上、① お名前、② 連絡先(メール及び携帯電話番号)をお送りください。


《その4/スペシャルトーク「家族を撮ること」小池英文 X 吉田亮人(写真家 ) 》

2011年に写真家としてデビューを飾って以来、コニカミノルタ・フォトプレミオ年度大賞(2014)、日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、これまで高い評価を得てきた写真家吉田亮人氏(39歳)。近刊の「The Absence of Two」は青幻舎版に加えて、フランスの出版社 Xavier Barralからも上梓。来年の1月にはパリで写真展も予定されています。そんな今もっとも勢いを感じさせる若手写真家の一人である吉田氏と、デビュー当時から吉田氏の写真をいつも注視してきたという小池氏。両者には「家族」と「南アジア」という共通したテーマがあります。「家族を撮ること」「異国を撮ること」。その二つをテーマに二人が語り合います。

日 時: 12月7日(土)19:00~21:00

参加費: 1,500円(入場料+ワンドリンク+軽食付き)

申込方法:akasaka.tomoaki(a)gmail.com まで

※ (a)は「@」に書き換えてください。メールのタイトルに「トークイベントその4参加希望」と記載の上、① お名前、② 連絡先(メール及び携帯電話番号)をお送りください。


<小池英文からのメッセージ>
吉田さんの写真は共通の友人を介してデビュー作から拝見してきました。インド西部のサンガネールという町にある染織工場の写真でしたが、ぼくもかつてレンズを向けたことがある場所だったので、親近感を覚えるとともにその写真の圧倒的な美しさに目を見張ったのをよく覚えています。また瀬戸内家族の写真集を作る過程でも、彼とは顔を合わせる機会が何度かありました。たとえばダミー本を持ってあるCAFEに立ち寄ったら、たまたま彼がいて色々と意見を聞かせてもらえたり。そんな吉田さんには「The Absence of Two」という素晴らしい写真集があります。「家族」を撮りながらもぼくとはまるで別のベクトルを持った傑作です。しかし、喜怒哀楽のすべてを包摂してこそ世界の全体像が立ち上がってくるのであれば、両作品の間には何か通底する想いが流れているに違いありません。吉田さんとそのあたりをじっくりとお話できればと思っています。

 

【略 歴】

小池英文(こいけ・ひでふみ)

1964年 東京都生まれ。写真家。
都立高校を一年間休学し米・カリフォルニア州に渡る。現地公立高校を卒業後、アメリカ全土を旅する。大学卒業後は海外取材を繰り返し、写真と記事を多くの新聞や雑誌に発表。近年は国内にも目を向け、2017年に写真集「瀬戸内家族」(冬青社)を刊行。同作で林忠彦賞最終候補にノミネートされる。また現在同名のフォトエッセイを産経新聞に毎週連載中。